トップ
日記&プロフィール
HawaiiとHulaのコミュニティ
ハワイアンジュエリーとハワイアン雑貨のオンラインショップ[pumehana]
問い合わせ

Hula Life

パウスカートの作り方
フラの際に着用するパウスカート。フラショップ等で購入するのもいいですが、お気に入りのデザイン生地でオリジナルの一着や仲間内でおそろいの衣装を手作りしてみてはいかがですか!?
パウには、定番の『シングル・パウ』と無地のスカートの上に柄物のスカートを重ねた『ダブル・パウ』があります。ここでは、簡単ですがシングル・パウの作り方を紹介します。
*ワンポイント
パウについては、フラファッションの中でも紹介していますが、アウアナ用とカヒコ用で異なります。
元来パウは、カヒコの際に着用される物で、ゴムなどなかった時代には、紐を通してはいていたようです。したがって、現代でもカヒコといえば紐を使用したパウを着用します。

 用意するもの(一着分)

 用意するもの
 ・生地 幅350cm×長さ110cm
 ・ゴム 3本(75cm~80cm・幅8mm~1cm/本)
 ・糸  生地と同系色の物が良いでしょう。
 ・ゴム通し 安全ピンでも可
 ・チャコ

①あらかじめ布の端がほつれないようにミシンをかけます。
 あとで、やっても良いですが、先にやっておいた方が作業しやすいと思います。
 裾部は、約4cmのところで折り、さらに1cm程度折り込んで三つ折り状態にします。
 裾部

②裾部から概ね70cm~74cm(できあがりの長さの所に折り目をつけ、チャコで印をつけます。)
 *出来上がり丈の長さは、身長に合わせてください。
 この折り返した部分がウエスト部(ゴムを通す部分)となります。
 
 

③布の上部から21cmのところを折り返し、上部から概ね2cmのところから1.5cmと2.5cm幅が交互に
 出来るようにゴム通し部分にチャコで印をつけます。
 
 ゴム通し部に印を付ける
 生地を中表にして両端を合わせ輪になるように端から5mm~1cmの所を縫います。
 :このときゴムを通す部分まで縫いつけないように気をつけましょう。
 脇を縫う
 脇を縫う

④ゴム通し部分を縫います。
 ゴム通し部を縫う

⑤布の上部から約70cmを目安になるように裾を三つ折りにして、ミシンをかけます。
 裾部を縫う

⑥ウエスト部のあけておいたゴムを通す部分にゴム通しを使ってゴムを通します。
 ゴムの長さは、自分のウエスト+20cmくらいの長さがよいでしょう。
 このとき、ゴムは1本づつでなくまとめて通した方が仕上がりがキレイです。
 ゴムを通す

⑦これで、できあがりです。
 完成


ワンポイントアドバイス
みなさん、パウをお作りになるときに、ゴム通しにご苦労された経験はありませんか?
市販のゴム通しで、約4mにゴムを通すのは、とても大変です。

そこで、ちょっとしたアドバイスですが、当然ながらゴム通しが長ければ、通す距離も短くて済みます。
割り箸や、菜箸といったご家庭にある長めのものを活用すると、驚くほど簡単にゴムを通すことができます。
実際、筆者もやってみましたが、あれだけ苦労したゴム通しがいともあっさり通すことが出来ました!
是非、お試し下さい。
パウ作りが、楽しくなりますよ♪

 
Copyright ©2005 ALOHA-LOVE All rights reserved.
Presented by tomo&taeko.