モンスターカレンダー

« 2012年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

Hula_Lifeの最近のブログ記事

フラの母

| コメント(4) | トラックバック(0)

 

? Hawaii is hula and hula is Hawaii

  *フラとはハワイであり、ハワイとはフラだ

 

と言う言葉を耳にしたことがあると思います。

 

また、「Hula is Life」(*フラとは人生そのものである)という言葉もフラに携わる人であれば

一度は聞いた事がある言葉だと思います。

 

この2つの名言を残したのが、「フラの母」と呼ばれる

Maiki Aiu Lake(マイキ・アイウ・レイク: 1925年 - 1986年)です。

 

以前、「Pua Lililehua」の記事を書かせていただきましたが、

この曲は、マイキ・アイウ・レイクを想って作られた曲ですね。

 

 

マイキ・アイウ・レイクは、フラがハワイの伝統であることを意識しつつ、その継承のために

ふさわしい指導者の育成に努めた人物で、実に42人ものクムフラを排出した方です。

 

また、上述の言葉以外にもフラを学ぶ教室のことを「Hālau:ハラウ」と名付けたのもマイキですし、

Hālauは「Ohana」であるとし、生徒同士は兄弟・姉妹であるという考え方から一緒に学ぶ同士を

フラシスター、フラブラザーと呼んだのもマイキで、その呼び方は現在でも使われてますね。

 

現代のフラ界を語る上で欠かせない人物であることは間違いないですが、当時の活動には批判的な

意見も多かったようです。

昔のクムは、同時に何人もの生徒はとらず、また元来口承により伝えられてきたフラを、

黒板を使い生徒にノートをとらせる教え方は、伝統にそぐわないとされ、自分の名誉と利益のために

活動しフラを侮辱しているとさえ言われたそうです。

 

それでも、批判に耐えながら教育を続けた彼女の長年の努力は、後年ようやく認知され、

ハワイ観光局からハワイ文化を保存し、広めた第一人者として「マハロ賞」を授与され、

その功績を讃えられます。

 

こうした先人達の努力があって今があることに感謝してHulaを学んでいきたいものです。

 

 

Mahalo E Ke Akua No Keia La

| トラックバック(0)

 

Mahalo E Ke Akua No Keia La.

「今日の日を神に感謝します」

 

結婚を迎えた日に使う定番的な言葉ですね。

日本風に言えば、「私たち結婚しました。」というところでしょうか。

 

フラに興味を持ち、ハワイの文化にふれるようになってからというもの、いろんな意味で

「感謝」という気持ちを強くもつようになった気がします。

 

人との出会い、言葉の大切さ、自然との接し方・・・

ほんとにたくさんのことを学ばせていただいています。

 

私が住む鎌倉周辺はとてもフラの盛んなところですが、それ以上に自然の多いところです。

DSC_3218.jpg

 

海あり、山あり

自然に対して「感謝」するというハワイアンですが、そんな非現実なことを肌で感じられる場所です。

DSC_3213.jpg DSC_3215.jpg DSC_3231.jpg

鎌倉に引っ越して来るまでは、空すらまともに見てなかった私ですが、

フラと出会い、そして身近にある自然にたくさん接することで、ちょっとした自然を

自然と見るようになりました。

 

これから、鎌倉は紅葉のシーズンに入っていきます。

さらにたくさんの自然に目を向けていけるよう、日々に感謝しながらハワイの文化にも

ふれていけたらと思っています。

 

 

mahalo mai ka pu`uwai

| コメント(3) | トラックバック(0)

 

懇意にさせていただいてる先生の教室が5周年を迎えられ、記念Hoikeが開催されるとの

ことで2時間電車に揺られて見に行ってきました。

 

”mahalo mai ka pu`uwai”と銘打ったHoikeでしたが、そのタイトル通り

”感謝”に溢れたステージでした。

ハワイからKumuもこられて、先生や生徒さん以上にその喜びと感謝を表現されてたのが

とても印象的でした。

 

P1070814.jpg

 

フラは「踊っている」のでなく「踊らせていただいている」のだという話をよく聞きます。

 

大地の話もそうですが、ハワイの人々の考え方は「無私無欲」なんですよね。

 

さて、話がそれてしまいましたが、今回のステージを見させていただいて、感じたこと…

それは、「上手く踊ろう」とか、「失敗したらどうしよう」というような自己的な思いではなく

「見にきてくださってる方(家族、友人、支えてくださった方々)」にほんとに感謝の気持ちを

伝えようとされているのが伝わってきたこと。

 

数々のステージを見させていただいてますが、こんなに温かい気持ちになれたのは初めてかもしれません。

 

まだ、Hulaになんの興味もなかったころ、初めてHulaのステージを見に行った時の感動を

思い出しました。

当時は、それこそ「腰振りダンス」程度にしか思ってなかった自分が恥ずかしく思えるほど、

ビンビン伝わってくるものがあったのを今もハッキリ覚えています。

 

P1070839.jpg

 

お誘いくださった先生、素敵なステージをみさせてくださったみなさんに

 mahalo mai ka pu`uwai (心からありがとう)

 

 

 

Hulaをやってる人は、よく耳にする話だと思いますが

その理由は、Hulaが神聖な儀式のためのものだったからといわれています。

 

現在では古典フラとして区分けされているカヒコですが、

KahikoにはAuanaと違い伝統的な儀式やカプが存在し、力強く、厳粛なものでした。

また、Kahikoには大きく分けて二つの区分がありました。

一つは神殿内のHula、もう一つは神殿外のHulaで、両者はまったく違う方向性のものだったと

いわれています。

 

中でも「聖なる踊り」と呼ばれるPahu Hulaは、Hula Kapuと呼ばれる

Kapuの掟の中で守られ、隠されたHulaの事を指す神聖なものでした。

Pahu Hulaは「祈り」が中心軸に置かれ、厳格な宗教儀式であったため、

演劇的かつ解釈的な要素は一切含まれておらず、女人禁制のヘイアウの中の祭壇で

行われていた、神々を奉る宗教的な儀式に組み込まれた踊りでした。

 

Pahuが、フラにまつわる楽器の中でも特に神聖視され、ある一定の地位以上の

ごく限られた人だけが触れることを許されたというのも頷けます。

 

ちなみに、Auanaでもそうですが、`Aiha`aポジション(中腰状態)はフラの基本中の基本と

いわれますが、Pahu Hulaはその原型と言われる、Ha`aスタイルといわれる膝を曲げた状態で

踊られていたそうです。

 

 

話はそれましたが、このような女人禁制の中で儀式として踊られたHulaがあったことが

フラは元々男性しか踊ることが許されなかった」という伝承の元になっているようです。

 

 

ここからは、余談です...

日本の国技といわれる相撲もそうですが、神事に関する事柄では女人禁制とされる風習が

同じようにあったことがわかります。

Hulaは、古代から受け継がれてきたハワイの伝統的文化であることは周知の事実です。

日本のフラ教室でも「伝統文化」とうたっているところはたくさん見かけます。

その割には「男性には教えられない」というところが多いのはなぜなんでしょうね?

 

Kene Hula人口が増えることを願ってやまないおやじの独り言でした(笑

 

 

 

英名: The Epic Tale of Hi`iakaikapoliopele

Ka_Moolelo_o_Hiiakaikapoliopele.jpg

 

たまたま目にしたこの本。

Hulaの“原点”ともいうべき、ペレとヒイアカの神話。

KahikoのMeleとしても数多くの主題になっている「原典」といえます。

 

口承でのみ伝えられてきたそれらの物語は、これまで”文字”として本になっていませんでした。

ですので、その内容を詳細に知りたくても、人づてに聞いたり、meleの内容を勉強して読み解いたり、

物語の一部を断片的に紹介された文章を読んだりするなどしても、一部を知ることしかできませんでした。

 

この本は、2007年9月に英語・ハワイ語の両方で出版され約500ページに渡って、375のチャントが

掲載されているようです。

 

これは是が非でも目にしたい本なのですが、どうせ読むならハワイ語の本を読んでみたいです。

といっても、辞書無しではおそらく読むことなどできないのでハワイ語の勉強も兼ねて辞書片手に

秋の夜長に読書にふけってみたいと思ってます。

 

Ka_Moolelo_o_Hiiakaikapoliopele2.jpg

※以下、本書についての解説を引用します。

This ancient saga, transcribed for the first time from the original Hawaiian-language serial column, details the quest of Pele’s younger sister, Hi`iakaikapoliopele, to find the handsome Lohi`auipo and bring him back to their crater home. Graced with a magical skirt and wielding supernatural powers, Hi`iaka and her companions make their way through dangers and ordeals, facing spectral foes and worldly wiles. It is a very human account of love and lust, jealousy and justice, peopled with deities, demons, chiefs and commoners.


This captivating five-hundred-page transcript of Ho`oulumahiehie’s original, articulated with 375 chants and lavish illustrations, showcases his profound cultural knowledge and engaging style for English audiences. It highlights Hi`iaka’s role as a healer, source of inspiration, and icon of the hula traditions that embody the chants and dances of Pele and Hi`iaka. This is the most extensive form of the story every documented, offering a wealth of detail and insights about social and religious practices, poetry and hula, the healing arts, and many other Hawaiian customs.


This magnificent volume is presented exclusively in the Hawaiian language.


Little personal information is available on the historical Hawaiian writer, Ho`oulumahiehie, but he was a prolific teller of traditional and foreign stories whose works were frequently published in the late 19th and early 20th century newspapers. This tale was originally published as a six-day-per-week serial column in the Hawaiian-language daily Ka Na`i Aupuni in 1905 and 1906.


Dr. Puakea Nogelmeier has taught Hawaiian language, literature and translation at the University of Hawai`i, Manoa, for 25 years, and is Director/co-founder of Awaiaulu: Hawaiian Literature Project, which was established to train a new generation of translators and generate bilingual resources. These two volumes of Ho`oulumahiehie’s saga, in Hawaiian and English, are the products of those efforts.

 

ハワイの現在時刻





お気に入りリンク集

  • 311 アロハチャリティプロジェクト
    ハワイを愛する者たちが集まって「被災地復興のため、日本のために、何かをしたい!」という強い気持ちから発足したプロジェクト
    賛同者募集中!
311アロハチャリティプロジェクト
  • 「もう一つのHawaii」
    Hawaii在住でメリーモナークのオフィシャルカメラマンであるKenjiさんが紹介するとっておきのハワイ
    メリーモナークをはじめとしたHulaの写真も必見!
  • 「ハワイ島でお会いしましょう」
    ハワイの自然と文化を紹介し、エコツーリズムと自然保護について考えるためのブログ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25