モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

Na Inoa(ナ・イノア)

| トラックバック(0)

 

「イノア(Inoa)」とは”名前”のことです。

ハワイアンにとって自分の名前というのは単なる呼び名ではなく、

名前そのものにさまざまな深い意味合いがありました。

日本人の名前も、漢字やひらがなの組み合わせによってさまざまな意味を持つように

ハワイアンの名前にもさまざまな深い意味合いが込められていました。

 

彼らの名前の中にはいくつかのジャンルがあります。

何かの記念となる出来事や著名な方や聖人、偉大な場所などの名前を取り込む場合がひとつで、

これは主に西洋文化がハワイイに入り込んできてからの考え方になります。

次に家族の中の先祖の名前から名前をいただく場合で、通常は生まれた赤ちゃんが男の子だった場合は

父方の先祖の名から、女の子だった場合は母方の先祖の名からいただいて命名するようです。

 

そのような彼らの名前の中で最も神聖な名前とされているのが「イノア・ポー(Inoa pō)」、

ナイト・ネーム(夜の名前)と呼ばれるもので、新しい命が生まれる際に、その新生児の名前は

彼らのアウマクア(先祖のスピリッツ)から夢や囁きによって既に決められているといいます。

たとえば、家族の一員が妊娠したとします。

そうすると赤ちゃんを身ごもった本人、もしくは家族の中の誰かがその赤ちゃんに関する

象徴的な夢を見たり、その新しい命を「?と呼びなさい」という啓示を受け取ったりするそうです。

その夢がとても抽象的な場合は、家族の中もしくは家族の属するコミュニティの中の

長老や夢解釈人を訪ねて、もたらされた夢の意味を解釈してもらい、そこから導き出される

名前を命名するのだそうです。

 

 耳元で囁かれることを、「イノア・ウーラーレオ(Inoa ‘ūlāleo)

  誰かが何かのビジョンを見たりサインを見たりすることを「イノア・ホーアイロナ(Inoa hō’ailona)

  先祖の名前を許可の下いただいて名づけることを「イノア・クプナ(Inoa kupuna)

  過去の有名な出来事や英雄伝説等のチャントから名前をつけたり、その他何かから

  名前をとってつける場合を「イノア・ホオマナオ(Inoa ho’omana’o)

 と呼びます。

 

このような状況で命名された名を持つ子供は、大体がその名前が持つ意味合いの

生涯をおくるのだそうです。

たとえば癒しに関する意味が含まれていればヒーラーに、花に関する名前であれば

レイメーカーとして のように。

 

このようにして授けられた名前をその赤ちゃんに命名しなかった場合は、それに対するアウマクアの

警告として、その子供に何かしらの不調和や病気、事故が起こるとされています。

また、かのカメハメハ大王のように人生の中で起こるイベントごとに名前を付け加えていくことも

多々あるようです。

*カメハメハ大王の正式名称は

Kalani Pai`ea Wohi o Kaleikini Keali `ikui Kamehameha o `Iolani i Ka `iwikapu kaui Ka Liholiho Kūnuiākea

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aloha-love.com/cgi-bin/mt_425ja/mt-tb.cgi/76

ハワイの現在時刻





お気に入りリンク集

  • 311 アロハチャリティプロジェクト
    ハワイを愛する者たちが集まって「被災地復興のため、日本のために、何かをしたい!」という強い気持ちから発足したプロジェクト
    賛同者募集中!
311アロハチャリティプロジェクト
  • 「もう一つのHawaii」
    Hawaii在住でメリーモナークのオフィシャルカメラマンであるKenjiさんが紹介するとっておきのハワイ
    メリーモナークをはじめとしたHulaの写真も必見!
  • 「ハワイ島でお会いしましょう」
    ハワイの自然と文化を紹介し、エコツーリズムと自然保護について考えるためのブログ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25