モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

Ka Lei

| コメント(2) | トラックバック(0)

 

ハワイでは今日、誕生日や卒業式、結婚式、就任式、退社祝いなどさまざまな場面でレイを贈ります。

また、華やかな場面だけでなく葬儀などでも使われるなど日常生活に溶け込んだ習慣となっています。

 

レイの起源は、ポリネシア人がジンジャーの花びらでレイを作って贈る習慣を持っていたことだと

されていますが、生の草葉は永久に残るものでないためどういう風習でいつごろから作られるように

なったのかは推測の域をでません。

 

 

レイは、フラを踊る際にも大切なアイテムでauanaを踊るときはMaleの内容や歌われている土地に

応じた色とりどりの花が使用されますが

古代では、レイは「神に近づく印」とされ、宗教的な儀式において用いられていました。

そのため、自然やアウマクアを讃え、神に捧げるHula(Kahiko)では重要なアイテムであったとされます。

これらの儀式は神聖なものであったため、現代で使われるような鮮やかな色彩の花は使わず

マイレやティ、パラパライといったグリーンが用いられました。

なお、グレーンレイは本来レイとはいわず、「キノラウ」もしくは「ラカ」と呼ばれます。

 

また、レイは「自然からマナを引き出すもの」とされるため、使用する日の朝に山で摘んだものを使います。

山や樹、花の神々に感謝の気持ちを捧げ、チャントを唱えながら草花を摘みます。

出来上がったレイは、決して人前では身につけず、チャントを唄いながらつけるのが正統とされています。

 

人がつけたレイにはその人のマナが宿るため、良しも悪しも「マナが移る」ということから、

他人には渡してはいけないとされています。

また、妊娠中の人は「赤ちゃんのへその緒に絡んでしまう」という伝説があり、

輪になったレイはせず、オープンタイプのレイが用いられるそうです。

 

 

レイがハワイの人々にとって大切なアイテムだということが伺える話があります。

それは、レイが輪になっているのは、

 「ALOHA」の心が永遠に続きますように

という願いが込められているからだということです。

 

このように、レイは単なる飾りではなくハワイの人々の「ALOHAな心」がこもったもので

作るとき、身につけるときは、そういう想いや願いを少しでも感じ取りたいものですね。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aloha-love.com/cgi-bin/mt_425ja/mt-tb.cgi/88

コメント(2)

フラを踊る時に必要不可欠なレイ。
レイの種類、色、意味、つけ方・・・など、考えながらつけなくてはいけませんね。
私も、衣装や飾りなど悩みます。
(特に、1曲だけでなく、続けて踊らせていただく時など)
「ALOHA」の心が、永遠に続きますように・・・ですね。

>ku'i♪ママさん

ステージを見にいくとたまに「えっ!?この曲でこのレイ??」と思ったりすることがあります・・
衣装の色と合わせたりしてるようですが、形だけでなく意味を理解したいですよね。
数曲踊る場合は、インターバルがあればいいのでしょうが、決められた尺の中で踊る時はいたしかたないですね。
「ALOHA」の心が、永遠に・・・このフレーズ、大好きです。
やっぱりHulaには「ALOHAな心」がなければ! と思います。

ハワイの現在時刻





お気に入りリンク集

  • 311 アロハチャリティプロジェクト
    ハワイを愛する者たちが集まって「被災地復興のため、日本のために、何かをしたい!」という強い気持ちから発足したプロジェクト
    賛同者募集中!
311アロハチャリティプロジェクト
  • 「もう一つのHawaii」
    Hawaii在住でメリーモナークのオフィシャルカメラマンであるKenjiさんが紹介するとっておきのハワイ
    メリーモナークをはじめとしたHulaの写真も必見!
  • 「ハワイ島でお会いしましょう」
    ハワイの自然と文化を紹介し、エコツーリズムと自然保護について考えるためのブログ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25