モンスターカレンダー

« 2009年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

Hulaは男性の踊りだった?

| コメント(2) | トラックバック(0)

 

Hulaをやってる人は、よく耳にする話だと思いますが

その理由は、Hulaが神聖な儀式のためのものだったからといわれています。

 

現在では古典フラとして区分けされているカヒコですが、

KahikoにはAuanaと違い伝統的な儀式やカプが存在し、力強く、厳粛なものでした。

また、Kahikoには大きく分けて二つの区分がありました。

一つは神殿内のHula、もう一つは神殿外のHulaで、両者はまったく違う方向性のものだったと

いわれています。

 

中でも「聖なる踊り」と呼ばれるPahu Hulaは、Hula Kapuと呼ばれる

Kapuの掟の中で守られ、隠されたHulaの事を指す神聖なものでした。

Pahu Hulaは「祈り」が中心軸に置かれ、厳格な宗教儀式であったため、

演劇的かつ解釈的な要素は一切含まれておらず、女人禁制のヘイアウの中の祭壇で

行われていた、神々を奉る宗教的な儀式に組み込まれた踊りでした。

 

Pahuが、フラにまつわる楽器の中でも特に神聖視され、ある一定の地位以上の

ごく限られた人だけが触れることを許されたというのも頷けます。

 

ちなみに、Auanaでもそうですが、`Aiha`aポジション(中腰状態)はフラの基本中の基本と

いわれますが、Pahu Hulaはその原型と言われる、Ha`aスタイルといわれる膝を曲げた状態で

踊られていたそうです。

 

 

話はそれましたが、このような女人禁制の中で儀式として踊られたHulaがあったことが

フラは元々男性しか踊ることが許されなかった」という伝承の元になっているようです。

 

 

ここからは、余談です...

日本の国技といわれる相撲もそうですが、神事に関する事柄では女人禁制とされる風習が

同じようにあったことがわかります。

Hulaは、古代から受け継がれてきたハワイの伝統的文化であることは周知の事実です。

日本のフラ教室でも「伝統文化」とうたっているところはたくさん見かけます。

その割には「男性には教えられない」というところが多いのはなぜなんでしょうね?

 

Kene Hula人口が増えることを願ってやまないおやじの独り言でした(笑

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aloha-love.com/cgi-bin/mt_425ja/mt-tb.cgi/90

コメント(2)

確かに・・・
神に捧げる神聖なものだったがゆえに、踊ることはもちろんのこと、暮らしのあらゆる事柄の中で女性に対してのカプが多かったのも事実ですもんね。
神事に関することは、女性が触れてはいけなかったのですね。

(余談の部分)
「男性に教えられたら」男性方は フラをやるのかしら?
熱き男たちがフラを楽しく、そして真剣に踊る姿も見かけない訳ではありません。
私は、熱くてカッコいい!!と思いますが、
私のいる所は、地方で、「男性フラ」には男性自身もいまだ興味がないのでは・・・
という気がします。
Makakiさんは フラは?
もしやっていらしたら、KaneHulaの身近な話。Kaneならではの苦労話、失敗談、おもしろ話など聞いてみたいです。

> ku'i♪ママさん

ハワイでは女性に対するカプは数多くあったようですね。
男女平等といわれる昨今ではこんな風習は廃れていくのでしょうが、神聖なものは男性中心だったんですよね・・・
フラに関して言えば、先入観でしょうね
私自身、フラは教わっています。
でも、フラをやってるというと、必ず一言目に言われるのが「えっ?フラって男も踊るんですか?」・・・^^;
「フラ=女性の踊り」という構図ができあがってるんですよねぇ・・・
私も、フラの魅力を知るまではそうだと思っていたわけですが、それは単なる先入観と情報不足が原因だと思ってます。
人口が少ないから、目にする機会も少ないのは事実ですし、Kaneが踊る様子を見ればやってみたいと興味を持つ人は少なからずいらっしゃいます。(私の周りにはいますよ^^)
興味を持っても、教われるところが少ない・・・となるとなかなか踏み込めないという悪循環になってる気がします。
以前書いたことがありますが、教われる教室を探すのに3ヶ月かかったのが一番の苦労話かもしれません^^;都心でさえそんな状況ですから地方に行けばその状況はもっとだと思いますね。

ハワイの現在時刻





お気に入りリンク集

  • 311 アロハチャリティプロジェクト
    ハワイを愛する者たちが集まって「被災地復興のため、日本のために、何かをしたい!」という強い気持ちから発足したプロジェクト
    賛同者募集中!
311アロハチャリティプロジェクト
  • 「もう一つのHawaii」
    Hawaii在住でメリーモナークのオフィシャルカメラマンであるKenjiさんが紹介するとっておきのハワイ
    メリーモナークをはじめとしたHulaの写真も必見!
  • 「ハワイ島でお会いしましょう」
    ハワイの自然と文化を紹介し、エコツーリズムと自然保護について考えるためのブログ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25