トップ
日記&プロフィール
HawaiiとHulaのコミュニティ
ハワイアンジュエリーとハワイアン雑貨のオンラインショップ[pumehana]
問い合わせ

  Hula Life

フラ・スタイル
フラの基本は、花・雨・太陽・愛などその一つ一つに意味のあるハンド・モーション(手の動き)と足のステップを組み合わせて、歌に合わせて踊ります。
ここでは、基本となる13のハンドモーションと6つのステップを紹介します。

ステップ(アウアナ編) 】
フラのステップは、ハンド・モーションに比べてそれほど多くありません。ここで、紹介する6つの基本ステップを覚えておけば初歩的な曲には対応できます。
フラの練習は、ステップ→ハンドモーション→手足を組み合わせる という順番で進んでいきます。
本場・ハワイではステップだけで数ヶ月も練習を続けるほど、フラにおいて要となります。
なお、ここで紹介するステップは、あくまで参考例です。ハラウや、クムによって足の出し方や膝の曲げ具合など微妙に違います。

準備の姿勢

  背筋をまっすぐに伸ばし、両手を腰に当て両足は肩幅に開き、そのままの状態で膝を軽く曲げます。
  (腰を真下に下ろすようなイメージ)
  このとき、おしりをつきだしてしまったり、前につんのめったりしないように注意します。

膝曲げの種類

カホロ kaholo

  身体を上下動させずに、地をはうような感じで左右に2歩ずつ移動します。
  足を移動してから体重移動します。移動するとき腰は、8の字を描くようにします。
  1. 腰を左に振った状態で、右足で1歩右に進みます。重心はまだ、左足に残します。
  2. 重心を右足に移動させながら、左足を右足に揃えていきます。腰は無理に移動させず体重移動によって自然に振ります。
  3. 重心を左に移動させ、右足でもう1歩ステップします。
  4. 重心を右足に移しながら、左足を右足に揃えます。左に移動するときはこれらを逆にします。

ヘラ hela

  腰を横に上げながら、片足を斜め前に出すステップです。簡単そうですが、体重移動が意外と難しいです。
  前に出したときの足は、つま先だけが地面に触れます。
  1. 腰を左に振り、右足を45度前に出します。このとき全体重は左にあります。
  2. 前に出した右足を元に戻しながら腰を右に振り、左足を45度前に出します。このとき全体重は右に。

カオ kao

  重心を移動しながら腰を8の字に描きます。女性らしい優雅なステップです。
  きれいな8の字を描くには、かかとを上げるときの体重移動がポイントです。
  かかとの裏から指先でしっかりと地面を踏みこむようにして、かかとを上げていきます。身体が上下動しやすいので、その点を注意します。
  1. 腰を左に振り、左足に重心を移動します。このとき、左膝は前に出し、足裏でしっかり地面を踏み込んでから上に伸び上がるようなイメージでかかとを上げていきます。ただし、伸び上がると行っても膝が伸びてしまうと身体全体が上下してしまいますので、左膝は曲がった状態にします。
  2. 左にあがった腰を右に押し込むようにして、右足に重心を移します。このとき右膝は前に出して足裏でしっかりと地面を踏み込んでから、上に伸び上がるような感じでかかとを上げていきます。

ウエヘ 'uwahe

  最初は、なかなかポーズが決まらずに意外と苦労するステップ
  爪先で身体を支えるため、フラフラしがちですが、安定してつま先立ちできる感覚が必要です。
  1. 腰を左に振り、右のかかとを少し上げます。
  2. 右足をしっかり地面につけ、両足に体重をかけて重心を真ん中に戻します。
  3. 両足のかかとを同時に上げ、両膝を45度前に出して開きます。
  4. 上げたかかとを戻します。

アミ 'ami

  重心移動による腰とヒップの回転を使い、自分を中心に左右それぞれに半円を描くステップです。
  1. 腰を左に振って右のかかとを少し上げ、体重を左に移動します。
  2. かかとを地面につけるのと同時に腰とヒップを後ろに回します。
  3. 後ろに回した腰とヒップで半円を描きながら腰を右に振り、右のかかとを少し上げながら右に体重移動します。
  4. さらに半円を描きながら腰とヒップを回し、左に腰を振り右のかかとが上がっている元のポジションに戻ります。

レレウエヘ lele'uwehe

  ウエヘとヘラを組み合わせたステップ。
  足を動かすだけでなく腰とヒップの動きがついてくるように注意します。
  1. 膝を曲げず、自然な状態で立ち、右足を肩幅くらい1歩右に踏み出します。
  2. 左足を元に戻し、両足のかかとを素早く上げて、すぐおろすウエヘのポーズをとります。
  3. 重心を左足から気持ち伸び上がるような感じで右足に移動します。左足を斜め45度に出し、ヘラのポーズをとります。

ポジションと向き

フラの向き

*フラには、カヒコとアウアナがあります。ハンドモーション・ステップとも、見た目には似たところもあるようですが、根本的に違う動きです。アウアナの流れるような動きに対してカヒコは、鋭角的で力強さがあります。
基本はあくまで「カヒコ」にあります。最近のフラの主流はと言えば「アウアナ」になりますが、どうやらその動きを混同して取り入れられている事が多いようです。(例:アウアナの基本ステップ「ウエヘ」とカヒコの「ヘヒ」など。)
カヒコの基本ステップはべた足です。フラを見ていると、どうしても上半身に目がいきがちですが、腰から下を見ていると、その違いがよくわかると思います。べた足(`ai ha`a )スタイルは、もっとも基本で、フラの起源に近いと言われています。本来フラは、砂浜・地面の上で、裸足で踊るものでした。
砂浜でかかとを上げ下げしていて、はたして踊れるでしょうか?腰を落とし、地面にしっかりと根ざし足で砂をつかむような動きがフラの醍醐味なのかもしれません。

<< BEFORE [フラスタイル:ハンドモーション] | >> NEXT  [フラとハワイ語]

 
Copyright ©2005 ALOHA-LOVE All rights reserved.
Presented by tomo&taeko.